公演案内

公演詳細|Guide of the performance

能からみた日本の宗教 vor.1 「雷電」

能は、寺社文化圏や唱道と関りつつ、多くの作品を生み出してきました。室町時代、足利将軍家にも深く浸透し、武家層の中に宗教文化として深く享受された能。宗教学者 釈徹宗先生と共に、能と宗教の関りについて考えるシリーズ。第1回目は「雷電」。


能 「雷電」 前シテ(菅丞相/菅原道真の霊)山本章弘 後シテ(雷神)   〃 ワキ(法性坊) 福王知登 ワキツレ(従僧)  喜多雅人 アイ(能力)善竹隆司 笛     貞光智宣  小 鼓   吉阪一郎  大 鼓   谷口正壽 太鼓    前川光範 後 見 梅若基徳 河村浩太郎 地 謡 杉浦豊彦 吉井基晴  笠田祐樹  山本麗晃 【あらすじ】 ある夜、比叡山の延暦寺の僧、法性坊が天下のため護摩供養をしていると、菅丞相の霊が現れます。 生前、法性坊は菅丞相の師であり、二人は再会を喜びますが、菅丞相は「自分は冤罪で左遷され死んだので、雷となって内裏に行き恨みをはらそうと思う」と述べます。 そして「その時に朝廷が悪霊退散のために法性坊を勅命しても、その命に従わないでほしい」と願います。 しかし、法性坊が「比叡山は天皇の祈願所であるため、三度勅使が来たら断ることができない」と答えます。 それを聞いた菅丞相の霊は、本尊の前に供えてあったざくろを噛み砕き、寺の戸に吐きかけ、火焔となって燃え上がります。 法性坊が法力で消し止めますが、菅丞相の霊は走り去っていきます。 やがて、法性坊が三度目の勅令により、内裏に召され祈祷をおこなうと、雷神となった菅丞相の怨霊が内裏の中を暴れまわり、法性坊の法力と対決します。 しかし、法性坊の法力に屈し、最後は朝廷から「天満大自在天神」の神号を与えられ、黒雲に乗り虚空へと去って行きます。 「太平記」、「北野天神縁起絵巻」などを題材に、菅原道真が大宰府に左遷され憤死し、死後雷となって内裏に祟ったという逸話から能「雷電」はつくられ、文楽や歌舞伎の『菅原伝授手習鑑』に大きな影響をあたえました。

2022年07月03日(日):


公園のチラシ

日時 2022年07月03日(日): 能からみた日本の宗教 vor.1 「雷電」
料金 一般前売 3,500円 一般当日 4,000円
主催 山本能楽堂
06-6943-9454

チケットのご予約はこちらから

ご予約