山本能楽堂
日本語 英語 韓国語 中国語
山本能楽堂 06-6943-9454
無料メール会員登録はコチラ
 
  トップページ 山本能楽会について 公演スケジュール インフォメーション チケット販売 教育文化事業 お問い合わせ・アクセス  
 
 

毎年恒例の人気企画のお知らせです。能・文楽・落語で「だまされて・・・」を上演いたします。

だまされて・・・

公演日時:2018年3月25日(日)15:00開演/14:30開場

出演:豊竹呂太夫、鶴澤清介、桂南光、山本章弘ほか

料金:前売3000円 当日4000円

お申込みはこちら


2018年2月13日  3:41 PM |カテゴリー: 未分類

いけばな小原流五世家元小原宏貴氏が、国登録有形文化財の山本能楽堂の建物全体を早春のお花で装飾します。

舞台では、ハープと箏の演奏、能のワークショップをお楽しみ頂きます。

2018年2月24日(土)・25日(日)13:00~16:00

入場料 前売3000円 当日4000円

プログラム

24日(土)

14:00~ハープの演奏 奥田季子

14:30~ 箏の演奏 大谷祥子

25日(日)

14:00~能のワークショップ 前田和子

14:30~ハープの演奏 奥田季子

チケット取扱いはこちら


2018年2月6日  10:22 AM |カテゴリー: 未分類

様々なワークショップを開催します。

vol.1 いけばなと能衣装の美 いけばなの鑑賞と能装束ワークショップ

①2018年2月23日(金)19:00~20:10

②2018年2月24日(土)19:00~20:10

vol.2能楽ワンダーランド! 能のワークショップと半能「土蜘蛛」鑑賞

③2018年2月27日(火)19:00~20:20

④2018年3月20日(火)19:00~20:20

入場券 5000円

チケット取扱いはこちら


  10:10 AM |カテゴリー: 未分類

初心者も楽しめる能公演 とくい能 葵上を開催いたします。

とくい能「葵上」

2018年2月16日(金)19時開演(開場18:30)

前売 3000円  当日 4000円

チケット取扱い 山本能楽堂 電話予約 06-6943-9454

インターネット予約 http://noh-theater.com

会場 山本能楽堂(国登録有形文化財)

葵上 あらすじ

光源氏の正妻・葵上が物怪に取り憑かれて寝込んでいる。そこで呪術の名人である照日ノ巫女に命じて、梓の弓の音で怨霊を呼び寄せると、源氏の愛人であった六条御息所ノ生霊が破れ車に乗って現れた。御息所は源氏の愛を失った恨みを述べ、葵上の枕元に立ち寄って責め苛み、幽界に連れて帰ろうとする。ただならぬ様子に横川ノ小聖が駆け付けると、怨霊が鬼女の姿で現れ、小聖を追い返そうと激しく争うが、法力によって祈り臥せられるのだった。

プログラム

18:30 開場

19:00 解説 演目の内容や能に関することを、当日主役を演じます山本章弘が分かりやすくお話しします。

19:30 能 葵上

シテ(六条御息所の生霊) 山本章弘
ツレ(巫女) 今村哲朗
ワキ(横川小聖) 福王知登

ワキツレ(臣下) 喜多雅人

アイ(下人)善竹隆司

後見 山本博通 林本 大

地謡 杉浦豊彦 今村一夫 井戸良祐 河村浩太郎 上野朝彦 山本麗晃

笛 斉藤敦 小鼓 古田知英 大鼓 谷口正壽 太鼓 中田弘美

20時30分頃終了予定

アフタートーク

21時終了予定


2018年1月27日  11:14 AM |カテゴリー: 未分類

スラボフ・ペトコが語る日本の伝統芸能vol.4

アプリで普及する能楽 開催のお知らせ

山本能楽堂アプリを作っているスラボフ・ペトコの講座です。アプリの魅力や可能性を語ります。

日時:2018年2月15日(木)19:00~20:00

出演:スラボフ・ペトコ

入場料:1000円


2018年1月23日  12:49 PM |カテゴリー: 未分類

Model Performance for Promoting the Appeal of Osaka – FY 2017 Introducing Traditional Performing Arts

Evening of Traditional Osaka Performing Arts Vol. 3 Toyotomi Hideyoshi Hour

For over many years, Osaka has been known as the capital of performing arts.
In a 60-minute session, the event will feature the performing arts of Noh and Kyogen as well as ikebana (flower arrangement), all of which Toyotomi Hideyoshi cherished during his time.

Dates:

Wednesday, February 14, 2018 – From 19:00 to 20:00

Saturday, February 17, 2018 – From 18:00 to 19:00

Doors open 30 minutes before start of performance (Admission by queue order)

Venue: Yamamoto Noh Theater (Registered Tangible Cultural Property)

(Yamamoto Noh Theater App for Beginners and Visitors from Abroad)

Download this specialized app on your smartphone and get access to information, schedules and outlines on Noh and Kyogen performances with multilingual subtitles support in Japanese, English, Chinese and Korean. You can also find information on other traditional performing arts and more.

*To avoid disturbing other guests, please set phone to manner mode during the performance. (Yamamoto Noh Theater App QR Code)

【Programs】

◆Ikebana: Kosho Nakayama

◆Kyogen “Kuchimane”: Takashi Zenchiku and Ryuhei Zenchiku

◆Han-noh “Tamura”: Akihiro Yamamoto and others   Moderator: Nansei Kyokudo

Introduction of Programs and Performers

■Ikebana

When Hideyoshi made a visit to the Maeda Residence in Osaka, he noticed that flowers were beautifully decorated in a tatami room which expressed a feeling of hospitality. Enjoy the world of ikebana that Hideyoshi was welcomed with on his visit.

Kosho Nakayama

Kosho Nakayama concurrently holds positions as the Vice Chairman of Mishoryu Nakayama Bunpokai, Chairman of the Board of Directors for Nakayama Bunpo Kaikan Foundation, and Executive Director of Japan Ikebana Art Association. Since 1994 he has led and supervised an ikebana course for visually impaired people.

■Kyogen “Kuchimane”

Hideyoshi also took a great pleasure in performing Noh and Kyogen himself. It is said that the “Kuchimane” play was once performed by a trio comprising of Toyotomi Hideyoshi, Tokugawa Ieyasu and Maeda Toshie at the imperial palace.

Outline

A master, who buys barreled sake from an acquaintance, wishes to exchange a nice cup of sake in a cheerful company, so he orders his servant to invite some people for a drink. The servant is clueless about who exactly to call upon, but eventually finds some people to bring home. However it turns out they are already heavily drunk…

Takashi Zenchiku

Takashi Zenchiku is the eldest son and apprentice of Chuichiro Zenchiku. He is also the great-grandson of Yagoro Zenchiku, a Kyogen actor who was once designated as a “living national treasure.” Takashi Zenchiku made his debut at the age of 5 in the Kyogen play “Utsubozaru.” Along with his brother Ryuhei, they hosted the Zenchiku Brothers Kyogen Performance Event.

Ryuhei Zenchiku

Ryuhei Zenchiku is the second son and apprentice of Chuichiro Zenchiku. He made his debut at the age of 5 in the Kyogen play “Utsubozaru.”

■Han-noh “Tamura”

The performing art of Noh suffered great hardships during the Warring States Period (16 C.), but it was Hideyoshi who helped revive it. The tradition of using elegant costumes in Noh performances is said to have been established by his personal preferences. It is said that the play called “Tamura” was masterfully performed by Hideyoshi.

Outline

On a spring day, a group of monks are heading for Kiyomizu Temple. Along the way, they encounter a mysterious young boy sitting under a cherry blossom tree in full bloom. The young boy starts talking about the origin of Kiyomizu Temple. He gives suggestions on popular places to visit and eventually accompanies the monks. They all spend a wonderful time exploring the place together. However, when night falls, the group of monks enter the Tamura Hall where they notice that the boy has suddenly vanished. Then they hear a voice saying “If you wish to know my true identity, please watch where I am going.” On that night, as the monks are reading their sutras, a ghost appears before them…

Experience how the world of Noh portrays the resurrected spirit of Sakanoe Tamuramaro, a military general from the Heian Period.

Akihiro Yamamoto

Akihiro Yamamoto is a Noh actor from Kanze School, designated as a holder of important intangible cultural heritage and also serves as a Representative Director of Yamamoto Noh Theater. He made his debut at the age of 3.

(Admission Fee)

Prices: Advance Ticket is 2,500 yen and Door Ticket is 3,000 yen

(All seats are unreserved)

●For those who have made reservations, please make payments at the front desk on the day of performance.

*Note: We do not admit pre-school age children.

(For inquiries on tickets)

Check the Yamamoto Noh Theater’s website: http://noh-theater.com

TEL: 06-6943-9454 (Open on weekdays from 10:00 to 17:00, closed on weekends and holidays)

(Venue)

Yamamoto Noh Theater (1-3-6 Tokuicho, Chuo-ku, Osaka) ※Map Posting

(Access)

Subway Tanimachi Line / Subway Chuo Line, Tanimachi-4-chome Station

About 5-minute walk from Exit #4. On Tanimachi-suji Avenue go one block north and turn left at the Hotel Sun White. Keep going straight and the theater will be near to your left.

Organizer: Osaka City Government Consignee: Yamamoto Noh Theater

Purpose of “Special Performance for Promoting the Appeal of Osaka – FY 2017 Introducing Traditional Performing Arts”

In anticipation of the upcoming 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games, this event unlike a regular performance aims on highlighting the unique character of traditional Osaka performing arts by conducting a model (demonstrative) performance. The genuine atmosphere of Japan’s traditional performing arts can be fully appreciated and experienced by beginners as well as visitors from Japan and abroad.


2018年1月15日  2:07 PM |カテゴリー: 未分類

山本家定期能 1月のたにまち能

日時 平成30年1月6日(土)13時開演 (開場12時)

入場券 一般券5500円 学生券 3000円 綴り割引券(4回分)20000円

チケット予約はこちらへ

能 「老松 紅梅殿」

前シテ(尉)    山本章弘

後シテ(老松の精) 〃

前ツレ(男)    山本麗晃

後ツレ(紅梅殿)  林本 大

ワキ(梅津某)   福王知登

ワキツレ(従者)  喜多雅人

ワキツレ(従者)  是川正彦

アイ(門前の者)  善竹隆司

後見 松浦信一郎 前田和子

地謡  山本順之  波多野晋  山本博通  今村一夫 今村哲朗 河村浩太郎 山下あさの 井上俊明

笛 左鴻泰弘  小鼓 成田達志 大鼓 守家由訓 太鼓 中田弘美

狂言「土筆」

シテ(男)善竹 隆平

アド(男)善竹 隆司

後見  上吉川徹

仕舞

「花月クセ」今村宮子 「浮舟」波多野晋 「山姥キリ」山本博通

地謡 松浦信一郎  森本哲郎  山下麻乃  山本麗晃

能「胡蝶 物着」

前シテ(女) 前田和子
後シテ(胡蝶の精) 〃

ワキ(旅僧) 中村宜成

後見 波多野晋 林本大

地謡 山本博通 森本哲郎 今村一夫 今村宮子 今村哲朗 河村浩太郎 山下あさの 山本麗晃

笛 貞光義明 小鼓 古田知英 大鼓 辻雅之 太鼓 上田愼也


2017年12月15日  11:12 AM |カテゴリー: 未分類

平成29年度伝統芸能を活用した大阪の魅力開発促進のためのモデル公演

はじめての上方伝統芸能SHOW vol.3 豊臣秀吉アワー

大阪は、昔々から芸術の都。太閤秀吉が親しんだ能・狂言・いけばなを60分ダイジェストでお届けします。

平成29年2月14日(水)19:00~20:00

平成29年2月17日(土)18:00~19:00

開場は開演の30分前(お並びいただいた順にご入場いただけます)

会場:山本能楽堂

【プログラム】

生け花    中山高昌

狂言「口真似」 善竹隆司 善竹隆平

能「田村」 山本章弘 ほか

司会 旭堂南青

料金:前売2500円 当日3000円

チケット取扱い・お問い合わせ:公益財団法人 山本能楽堂 ご予約はこちら

電話 06-6943-9454

主催:大阪市 受託者:公益財団法人 山本能楽堂


  9:34 AM |カテゴリー: 未分類

小学生対象の冬休みワークショップ(無料)を開催します。

≪みっちり派≫能と遊ぼう! 演目:玄象

12月27日(水)・1月7日(日)・1月14日(日)10:30~11:30

謡や舞をしながら、能で楽しく遊ぶ3日間。3日間参加できる方限定です。限定20名様

≪さっくり派≫少年少女うたい隊 演目:竹生島

2018年1月21日(日)13:00~14:00

能に興味はあるけれど、どんなことをするかかじってみたい方、1日参加してみてください。限定60名様

ご希望の方はこちらへ 備考欄に学年を明記してください。


2017年11月16日  6:05 PM |カテゴリー: 未分類

山本能楽堂のアプリを創っているブルガリア人、スラボフ・ペトコが、日本の伝統芸能について語ります。

今回のテーマは「山本能楽堂の海外公演の成果報告」です。

ゲストにブルガリア人在住の女優 ベジャンスカ・マヤさんをお迎えして、楽しい講座となりますので、是非、ご来場くださいませ。

日時: 2017年11月29日(水)19:00~20:00

会場: 山本能楽堂

出演:山本章弘 スラボフ・ペトコ

ゲスト:ベンジャスカ・マヤ

入場料:1000円

お申込みはこちら


2017年11月15日  12:20 PM |カテゴリー: 未分類
 
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
お稽古案内
見学会・体験講座
貸し能舞台
オリジナルグッズ
賛助会員
メール会員
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
 

当サイトに掲載の画像等は、著作権法により保護されておりますので、無断転載・複製は堅くお断り致します。

HOME公益財団法人山本能楽堂について公演スケジュールインフォメーションチケット販売教育文化事業お稽古案内見学会・体験講座貸し舞台

copyright (c) 2007-2010 公益財団法人 山本能楽堂 All Rights Reserved.